水虫でできたかさぶたの対処法

おじさんの病気と言われる水虫ですが、ブーツやストッキングなどで足が蒸れがちな若い女性たちの間でもひそかにはやっています。

水虫は白癬筋というカビに近い菌が角質内に住み着いている状態。
放っておいても治るものではありません。
恥ずかしくても悪化する前に早めに病院に行くようにしましょう。

かさぶたなどの水虫の症状足の指の間など湿気が溜まりやすい部分にかゆみが出たり皮が剥けたり、そんな症状だけがでるわけではありません。
小さな水泡が足の裏などにでき、その水泡が壊れて角質が固くなりかさぶたとなるタイプもあります。
かかとなどの角質が厚くなるため単に乾燥による角質化と勘違いしやすいですが、水泡ができているときにかゆみも伴われるはずです。
かさぶたまで進行すると薬が浸透しにくく治りにくくなります。
水泡の段階で早めに対処しなければなりません。
角質を削ったり保湿クリームを塗っても治りません。
白癬菌を退治するための塗り薬を塗って退治しなければならないのです。

できてしまったかさぶたをこまめに取り除いていれば表面的にはキレイになり、治ったように思われがちですが、皮膚の深いところにはまだ菌が生きています。

かさぶたを取った後の足をこまめに乾燥させていれば乾燥を嫌う白癬菌は出てくることがありません。
ただ、高温多湿の環境ができればいつでも増殖してきます。
冬場はよくなったように思えていても夏になるとまた症状がぶり返してきたということもあるでしょう。

白癬菌は皮膚の深部まで入り込んでしまっています。
治療薬を塗る場合も、表面がきれいになったから治ったと思って自身の判断で治療をやめてしまうのはやめましょう。
医師がいいと言うまではとにかく治療を続けることが治すために重要なことです。