水虫は床が感染源?babyfootでケアでの注意

水虫は最近では女性も悩まされることがある、一度かかってしまうと中々治らない厄介な症状です。
この病気は皮膚感染症の一つであり、ある菌に感染してしまうことで発症してしまいます。
病原菌は真菌である白癬菌という菌であり、これが皮膚に侵入することでひどい痒みが起こるようになります。
水虫の感染源になりやすい床白癬菌がどこから感染するかというと、それは主に床からとなります。
床には多くの白癬菌が存在しているので、裸足の時などに触れてしまうことで感染してしまうのです。

感染するのは足からとなるので、症状が出るのはこちらの部分となります。
水虫にかかってしまったら早期に治療するのが、症状を緩和させるためには必要です。
ただ、足の裏などは皮膚に痒みを感じやすい部分となるので、感染しているかどうか判断しにくい場所でもあります。
白癬菌がかかとから感染してしまっていると、かかとは水虫かが特に分かりにくくなります。
症状として感染した皮膚がただれるようになることが多いですが、かかとは角質が厚いのでただれにくくなっています。
かかと部分が水虫に感染しているか見極める方法として、角質をフルーツ酸で柔らかくしてケアするbabyfootなどのフットケア商品を使っても、かかとの角質が厚いままなら白癬菌に感染しています。
当てはまったら早めに皮膚科の病院へ行って医師に相談しましょう。

水虫に感染しないための予防策としては、床に素足で触れないことです。
素足で触れてしまったら、念入りに石鹸をつけてキレイに足の裏を洗いましょう。
白癬菌に触れてしまっても、感染が完了するまでには24時間程度がかかります。
その間に足を洗浄することで、感染を抑えることができます。
指の間など細かい部分も、丁寧に洗うと更に良いです。